インプラントのことをもっとよく知ってみよう

インプラントのことをもっとよく知ってみよう

インプラント

インプラントとは

歯科の治療で行なわれるインプラントとは、歯を失った部分に人工の歯根を手術にて埋め込むことを指します。そのため、歯周病の悪化や、何らかの事情で歯が欠けてしまった場合にはインプラント治療にて、歯を取り戻すことが可能となります。東京にはインプラント治療を得意としている歯科医院があるので、治療を考えたら東京の歯科を選ぶと良いでしょう。

差し歯と何が違う?

インプラントと差し歯は似ているようにも思えますが、根本的ば部分が少し違います。それは、差し歯には歯の土台となる根元があることです。歯の根元があることによって、問題のない根元を残してその上から歯の素材を被せていきます。それが差し歯です。インプラントは根元も無い状態で、人工の歯根を埋め込むことから、差し歯とは違う違います治療になります。

インプラントは保険適用外

インプラントは歯科でも自由診療の扱いになるため、保険適用外になります。しかし、歯の美しさや天然歯と変わらない丈夫な歯を手に入れることの出来る治療は他にないと言えるでしょう。そのため、インプラントには保険適用外でも治療を受ける価値があります。

治療後も歯磨きや手入れは大事

天然の歯ではないインプラントにしたからと言って、歯のトラブルがなくなるわけではありません。そのため、インプラント治療後も歯磨きや手入れは必要だと言えます。例えば、歯周病は歯茎の病気であるため、インプラントでも歯周病になってしまえば土台が崩れてしまうということです。そういったトラブルを防ぐ為にも、普段の歯磨きを疎かにしないようにしましょう。

インプラント手術後の注意点

  • 手術後3日以内は運動は控える
  • 手術3日以内は湯船に浸からない
  • 医師から指定された期間は禁煙